🎖️

oVice 4 Values

oVice 4 ValuesRecommend StanceStandard
🏄‍♂️
Do It Anyway
やる、やらないのであれば、やろう - やって失敗する方がまし - 自分がやるなら、最後までやり切る - やれなかったら、責任が負えないのであればやれる人を探そう - 施策・方法論にこだわらない
1 「まずやってみる」ことができている 2 必要な施策を自分・もしくは人に任せて進め切った 3 進まない施策・クリティカルな課題を先回りで解決しきった 4 方法論や施策に拘らず、最短距離で事業を進めた 5 仮説・検証を持った上で、事業を最速で進め切り学びを組織に反映した
🧑‍🏫
Be Professional
誇りを持って仕事し、振る舞おう - 自分がやっていることに自信と誇りを持つ - イシューに対して最善尽くし、最も早く進む選択肢を選ぶ - 自分の限界を理解した上で、できないことは協力しながら進める - Disagree But Commitment(一度決めたら迷わずやる)
1  任せられた役割・範囲を全うした 2 任せられた役割・範囲内で100%以上の動きが出来た 3 期待に対して自身で学習しながらベストな意思決定・全う出来た 4 事業成長の為に任された範囲外も実行し、ベストな意思決定・全う出来た 5 oViceの事業成長に必要な機能を巻きとりながら、非連続なインパクトが生むためのベストな意思決定・実行が出来た
💡
Positive Communication
ユーザー・メンバーが楽しく・前向きになるコミュニケーションを生もう - 「できる」前提で考える - 自分たちもプロダクトの一部として“楽しい”体験を提供する - 良いコミュニケーションを取るために、良い関係性を作る - ”楽しさ”で動けるようなコニュニケーションを実現する - 前向きに動く
1 目標に対して前向きに取り組み、ユーザー・社内メンバーが求める情報を的確に伝えられた 2 チームの目標に対して能動的に取り組み、ユーザー・社内メンバーが求める情報先回りで伝えられた 3 仕事を通じて、ユーザー・社内メンバーに楽しい体験を提供出来た 4 ユーザー・社内メンバーに喜ばれる体験を提供出来た 5 社内外のステークホルダーが感動する体験を提供出来た
🤝
1+1>2
インパクトが生まれるようにチームで進めよう - 適切に人を巻き込みながら、1人では出せないアウトプットを出す - 生まれた成果やインパクトを「次の成功」のためにチームに還元する - 「インパクトが生まれるから」チームで進める
1 チームで進めていく上で、1メンバーとしてパフォーマンスを発揮できた 2 チームで進めていく上で、適切な人を巻き込みながら進められた 3 適切な人を巻き込みながら、1人では出せないアウトプットを出せた 4 社内外問わず適切な人を巻き込み、大きなインパクトを出しチームに還元した 5 社内外問わずベストな人を巻き込み、大きなインパクトを出した